スポーツ報知のメインコンテンツへジャンプ

◇…スポーツ報知の購読申し込みは、フリーダイヤル 0120−16−4341(イロ ヨミヨイ) まで…◇

◇…過去の記事は、ご使用のプロバイダのデータベース・サービスをご利用ください。…◇

スポーツ報知>野球>ボーイズリーグ>関東

ここからスポーツ報知のメインコンテンツです

未来のえりちゃんたちが大活躍!史上初女子対抗戦…日本少年野球選手権

初回先頭打者でランニング本塁打を放った加藤

 ◆報知新聞社主催 第40回日本少年野球選手権大会 ▽中学生女子野球東西対抗戦 東軍11─0西軍(2日〜6日、南港中央球場ほか) 史上初となる女子選手だけによる東西対抗戦も開催。東軍が11点を奪い、守っても完封リレーで圧勝した。

 いきなりの本塁打が猛打ショーの幕開けだった。初回、先頭の加藤優が左翼へ大きな当たりを放つ。打球がフェンスへ転々とする間に、快足を飛ばしホームイン。「左方向を狙ってました。気持ちよく走れた」。さらに石川萌、森田理芽の連打と金久保夏生の適時三塁打、御山真悠の適時打などで一気に5点を奪った。

 2回に3点を加えると、3回には金久保の3安打目となる適時打などで3点。投げても先発の石塚ちづるが4回を3安打、6奪三振の力投で無失点。その後も加藤、寺田智佳とつなぎ完封リレーを飾った。所属の栃木ボーイズでは男子に交じりエースナンバーを背負う石塚は「コントロールを心がけた。無四球で抑えられてうれしい」と最優秀選手に輝き笑顔がはじけた。

先発し4回無失点。最優秀選手に輝いた石塚

 杉山亜里紗監督(21)は「11点取って0点に抑えて文句なし。サインを出すこともなかったです。全員を試合に出せてよかった」と選手を褒めたたえた。31日には東京ドームでシニアリーグとの対抗戦も開催する。

 07年にボーイズリーグは女子選手の登録が可能になった。今では50人以上の女子選手が活躍している。東軍の小川ちあき団長(48)は「やっとここまできました。これで女子選手がボーイズに集まる機会になれば」と期待。リーグの渡辺滉会長(79)も「想像していたよりはるかにいい試合だった。やってよかった。来年もやりたい」と毎年の開催に意欲的だ。

 報知フォトサービス

(2009年8月7日12時34分  スポーツ報知)

(0)

この記事をlivedoorクリップに登録

(0)

この記事をYahoo!ブックマークに登録

ソーシャルブックマークに登録

報知フォトサービス

  • 報知新聞 ご購読のお申し込み
スポーツ報知の出版物 スポーツショップ報知
報知新聞社出版局 スポーツショップ報知