スポーツ報知のメインコンテンツへジャンプ

◇…スポーツ報知の購読申し込みは、フリーダイヤル 0120−16−4341(イロ ヨミヨイ) まで…◇

◇…過去の記事は、ご使用のプロバイダのデータベース・サービスをご利用ください。…◇

スポーツ報知>野球>ボーイズリーグ>関東

ここからスポーツ報知のメインコンテンツです

埼玉東、胸張る準V…日本少年野球関東オールスター戦

準優勝の埼玉東

 ◆報知新聞社主催 平成21年度報知杯 日本少年野球関東オールスター戦 ▽中学生の部決勝 埼玉東2―6埼玉西(6日、埼玉・本庄総合公園市民球場) 埼玉東選抜は、Cブロック予選で下馬評の高かった東京東選抜と栃木選抜を下して、準決勝に進出した。

 千葉選抜との準決勝は終盤にもつれた。緊迫した投手戦となり、両軍無得点の6回2死から鎌田雅大が左前安打。暴投で二塁へ進むと、中川舜が右前適時打を放ち、均衡を破った。その裏、一度は逆転を許すが、7回に粘りを見せる。制球に苦しむ相手投手に対して、待球作戦が功を奏した。2四球などで1死満塁とチャンスを広げ、木部拓実の左犠飛で同点。さらに、鎌田の押し出し死球で勝ち越した。小林千春監督(56)は「負けゲームを勝たせてもらった。決勝は同じ仲間の埼玉勢。楽しんでやりたい」と話した。

 決勝戦は4回まで1点差の接戦を演じながら、木部が5回途中で降板する誤算で敗退した。「投手交代が遅れた。監督の責任です」と指揮官は采配を悔やんだが、「4試合もできて、最初は口もきけなかった仲間と仲良くなれた。いい経験をさせてもらった」と感謝した。4番の重責を担い、中学生離れしたパワーを見せつけた鎌田は、「勝てなかったのは悔しいが、最後までいいチームメートと楽しく野球ができて最高でした」と笑顔を見せた。

 報知フォトサービス

(2009年9月10日10時28分  スポーツ報知)

( 0)

この記事をlivedoorクリップに登録

(0)

この記事をYahoo!ブックマークに登録

ソーシャルブックマークに登録

報知フォトサービス

  • 報知新聞 ご購読のお申し込み
スポーツ報知の出版物 スポーツショップ報知
報知新聞社出版局 スポーツショップ報知